あなたのパソコンに入っているワード・エクセルは、どこの会社のものですか?

 

パソコン教室寺子屋甲西塾に、最近入会された生徒さんから、よく聞かれる言葉があります。

 

「家のパソコンのワード、教室のと全然違うんですけど?」

「家のパソコンに、エクセルがないんです!」

 

通常、耳にする「ワード」「エクセル」というのは、「マイクロソフト」という会社から販売されている「マイクロソフトオフィス」というものです。一般的に「オフィス」と一括りにして言われていますが、「オフィス」という製品の種類として、ワードやエクセル、パワーポイントというソフト(アプリ)があります。

 

ただ、マイクロソフト社以外から販売されているオフィスソフトもあるんです!
ある生徒さんのパソコンには、マイクロソフト社でない、他社のオフィスソフトが入っていました。
とても似通っているので、一見同じように見えますが、細かい機能が違っていたりします。

 

また、場合によっては、ワードもエクセルも入ってないパソコンだってあります。
ある生徒さんのパソコンには、ワードもエクセルも入っていませんでした。
「インターネットが見れれば、それで十分だから、ワードもエクセルもいらんやろ!それ入れたら高くなる!」
と、家で言われたそうです。
確かに、マイクロソフトオフィスを単独で買うと、それだけで3~4万円くらいします。
なので、最初からオフィスソフトを入れていない、ワードもエクセルも入っていないパソコンもあるんです。

 

長い間、ここのパソコン教室に勤めていますが、こういう声を耳にするようになったのは、ごく最近のことのように思います。
なぜでしょうか?

 

最近は、インターネットを通じて、「簡単」に「安い」パソコンが買えるようになっていますよね!
一見、お得で便利なように思いますが、ここに重要な「落とし穴」があるんです。

 

通常、電気屋さんで売っている日本製のパソコンは、10万円くらいします。
でも、インターネットだと、2~3万くらいで買える「格安パソコン」というものがあります。
新聞の折り込みチラシ等にも「格安パソコンお譲りします」という文字を目にすることがあります。
金額だけを考えてみても、2~3万円のパソコンに、3~4万円もするマイクロソフトオフィスの製品が入っていることは、通常ではありえない?のです。

 

「安い」パソコンには、「安くできる理由」があるんです。
それに、気づかずに買ってしまうと、後で後悔することにもなりかねません。

 

「格安」なので、マイクロソフト社のオフィスは入っていません。
「格安」なので、オフィスのソフト自体が入っていません。

 

でも、インターネット上には、ここまで詳しく書いていてくれないんですよね。
書いていたとしても、パソコン初心者が判断するには、難しい言葉で書かれています。
読んでもわからないし、細かくチェックをせずに、値段だけ見て飛びついてしまう方がほとんどだと思います。

 

このように、「お安い」パソコンには、それなりの「理由」があるということです。
実際には、オフィスソフトの有無だけじゃなくて、CPUの性能やメモリー容量など他の理由もあるのですが。

 

教室で、そのことをお話しすると、ほとんどの生徒さんが、ガッカリされます。
「せっかく買ったのに~(泣)」と・・・

 

ガッカリしないためにも、後で後悔しないためにも、パソコンを買うときは、「マイクロソフトオフィス」がインストールされているかどうか確認することも大事ですね!

 

ただ、他社のオフィスソフトが使えないというわけではありません。
マイクロソフトオフィスとの互換性がしっかりしているソフトもありますので、家で使う分には問題なく使えます。
実際に、他社のオフィスソフトを使ってワードやエクセルの練習をされている生徒さんもいます。

ですが、一般的なお仕事・企業で使うワード・エクセルは、マイクロソフトオフィスがほとんどです。
日商PC検定でも、使うのはマイクロソフトオフィスを使った試験となっています。

安くてお手軽なソフトが出てきても、やはりマイクロソフトオフィスには勝てない?ということでしょうか・・・